アナタはあおり運転の加害者にならないと言い切れますか?

こんなヒトは要注意かも

危険運転にはご注意を レンタカーにもドライブレコーダーがおススメ 
危険は常に潜んでいる・・?

 

ハンドルを握れば性格の変わる人

普段は極めて温厚なのに、ひとたび運転すると狂暴化してしまう人が世の中には存在致します。

残念ながら週間少年ジャンプに長年連載されていた人気漫画、こち亀(こちら葛飾区亀有公園前派出所)のキャラクター本田速人が典型例でしょう。

ちなみに初登場は単行本14巻の6話目

こち亀の単行本
両さんノーヘルですよ!!

※「バイク男・本田!!の巻」(右側の人物が本田)より

 

元暴走族「関東大連合のカリスマ総長」あがりの交通機動隊の白バイ隊員。

普段は気弱で心優しい性格な彼ですが、バイクにまたがると性格も顔つきも豹変!

超攻撃的に変身してしまうのです。

・・とまぁ漫画なので笑えるのですが、現実世界で起こるとシャレでは済まされません。

 

漫画は厳しいなぁ・・・という方、ちなみに英語ではあおり運転行為の事を、”ロードレイジ” と呼びます。

レイジは激怒、憤怒、暴れるなどを意味し、北野武監督作品のアウトレイジ(非道、乱暴)などとほぼ同義語です。

横道に反れてしまいましたが、そんなロードレイジ=路上の無法者(?)を代表する映画作品が

激突(原題:DUEL)のDVD
全身に走る恐怖と戦慄

 

スティーブン・スピルバーグ監督の ”激突(原題:DUEL)” です。

1972年とかなり昔の作品ですが、(ここから一部ネタバレご注意→)ノロノロと走行する前方のトレーラーを主人公の運転する車が追い抜くところから物語が始まります。

その後延々と執拗に追い回してくるトレーラー・・・非常にシンプルですが、気が付けばその異常な世界が醸し出す恐怖に包まれてしまう・・・そんな作品です。

これって今でいうところの “あおり運転” なんですね。

違うのはコチラはフィクション、あくまでも娯楽なのです。

 

もしかしてアナタも ”あおり運転予備軍” ⁈

ショック
自分は大丈夫・・? 案外気づかないコトも

 

一転、現実世界のお話。

では逆の立場はどうですか?

つまり、アナタ自身が運転中に怒りに我を忘れる様なシーンがこれまでありましたか?

運転中によく感じることや、してしまうこと振り返ってみましょう。

安全運転クイックチェック

  • 強引な割り込み行為をされた・・許せない
  • 信号が赤に変わりそう・・急げっ!
  • 自分は運転が上手だ
  • 前をノロノロと走られた・・ムカつく
  • 運転中の電話・・・ついつい話しちゃう
  • クラクションを鳴らされた・・ハァ?!
  • オービスの設置場所に詳しい(なぜか)
  • 渋滞だ・・割り込まれない様、車間詰めないと・・・
  • ビール1杯飲んだだけだし・・全然大丈夫・・
  • 短時間だし・・・路駐OKOK・・・

 

内容によって一発アウトの設問もございますが、3つ以上あると注意が必要かも知れません。

運転中には平常心を保てるよう、ヒーリング系のBGMを流したり、家族や恋人などの写真を車内に飾るなどの工夫があっても良いかも。

 

もしもアナタが煽られたら⁈

軽専門の激安レンタカーでドライブレコーダー完備 寝屋川・東大阪・門真 トコトコレンタカー
アナタには大切なモノを守る義務がある

 

原則、君子危うきに近寄らず!

それでもいくら注意深く運転していても、どんな形で ”ロードレイジ” 被害にあうかわかりません。

そんなピンチ、どう乗り切るべきでしょうか?

残念ながらこれで100%万全という回避方法はありませんので、まず事前にドライブレコーダーを設置されることを推奨いたします。

一定の抑止力と、もしもの際の客観的状況説明の材料として。

さて、ここからが実際にあおり運転を加えられた場合の対処についてふれていきましょう。

煽られた! でもこれはやっちゃダメリスト

加速して振り切ろう(逃げよう)とする

 

一般道路上であおり運転被害を受けた場合

相手:後ろから煽られた、前方に回り込みブレーキをかけられた

自分:ハザードを点灯し、スローダウンしながら路肩へ・・場合によっては停車

※この時、なるべく人通りのある場所が良い

相手:そのまま走行していった → OK

 

相手:路肩へ寄せ停車し、車から降りてコチラの車へ近寄ってきた

自分:車の窓が閉まっている、ドアが施錠されている事を確認

相手:怒りを抑えられず、「出てこい」など喚く、車を叩く、または蹴ってきた

自分:110番通報、警察の到着を待つ

※余裕がある場合は、スマホで動画撮影

高速道路上であおり運転被害を受けた場合

原則パーキングもしくはサービスエリアまで停車してはいけません。

相手が停車させようとプレッシャーをかけてきた時点で、110番通報してください。

※緊急事態ですので、走行中でも電話OKです

 

もしあなたが男性で、武道など腕に覚えがあったとしても、車外へ出ていく事はおすすめしません。

不条理な相手にもここは我慢です。

あなたにとって大切な人の事を考え、安全を最優先してください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 tocotoco-rentacar

コメントは受け付けていません。

ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ