スマホのながら運転、法改正で刑務所・懲役も なめとったら往生しまっせ~

運転する時、スマホはなしよ! 罰則・罰金の内容がヤバい

スマホのながら運転罰則強化

令和元年の最終月である12月1日付けで、車の運転に関する法律の一部が大幅に変わりました。

そう、

運転中のスマートフォン使用

に関わるものです。

 

正直みなさまの中にも、運転中に周りの車を見渡してみるとなにやら通話中だったり、ネット検索中なんだろうなぁ~という疑惑バリバリの人見かけるコトあったでしょ?

アレです、アレ…もうなくなりますよ!

強制終了です。

そのくらい国はマジで規制の強化に踏み切りました。

 

「え~別にいいじゃん、ちょっと電話に出てみたり、スマホ見るくらい…」

確かにスマホは便利だ、時間も潰せる、その場で何かをしながら調べるコトだって全然出来ます。

ただそれを車の運転中にするのは問題外!

 

自動車でのながら運転、違反行為に処分内容

施行前(~12/1) 施行後(12/1~)
使用 減点 1点 3点
罰金 ¥6,000 ¥18,000
罰則 5万円以下の罰金 6か月以下の懲役 or 10万円以下の罰金
交通の危険 減点 2点 6点(免停)
罰金 ¥9,000 対象外
罰則 3か月以下の懲役 or 5万円以下の罰金 1年以下の懲役 or 30万円以下の罰金

 

きっかけはポケモンGO? スマホながら運転で人生終わり

ポケモンGO

 

ここまで強い罰則になったのは、このながら運転が原因で悲惨な事故を起こしてきた歴史があります。

最も有名なのは、もちろんポケモンGOの事故。

ブームは去ったもののレアポケモンを集めるために、そこいらじゅうで人々がスマホ片手にウロウロしていたのを覚えていますか?

あまりに集中しすぎて、歩行中電柱に頭ぶつけたり溝にはまったりするアクシデント等々、まさしく社会現象となりました。

 

車の運転中にポケモンGOをプレイ中に引き起こされた事故

加害者 被害者 罪状 判決
2016.11 38歳男性 33歳男性

死亡

過失致死

ひき逃げ

3年6カ月実刑
2016.10 36歳男性 9歳男児

死亡

過失致死 3年
2016.8 27歳男性 29歳女性

死亡

過失致死 2年6カ月(控訴中)

※交通の危険は事故などを伴う場合

ゲームに夢中になり過ぎたという点と、「自分は大丈夫だ」という過信から、尊い命と一生を棒に振ってしまった悲しい事故です。

こんな結果にならない為にも、くれぐれも安全運転を心がけてください。

 

カーナビもアウト?! 車の運転中にスマホを使っても大丈夫な例とは?

カーナビ

 

完全に停止している状態は対象外ですが、カーナビでも運転中の操作はアウトだそうです。

各自治体によって条例でOK、NGが分かれるため、個別に調べて頂く必要はございますが、”ハンズフリー手をつかわない通話” なら大丈夫とタカをくくっている方はご注意ください。

イヤホンはXです

なぜなら、両手は開いていますが、耳をふさいでいるためにサイレンなどが聞こえない、反応が遅くなる危険があるからです。

現時点で唯一可能な手段は “bluetooth” いわゆるスマホと車内スピーカーを連動させる方法です。

これならば両手は使えて、耳もふさがずに会話が可能…とはいえいつ何時また法律が改正されるか分からないので、運転中はスマホの電源オフが一番正解かも知れません。

 

これからの季節お酒を飲む機会も格段に増えますが、同様に携帯電話もアウトですからね。

 

最後に宣伝をひとつ

普段、車を使わない方、帰省などで年末年始だけ入用になる方、トコトコレンタカーでは業界最安値で小回りの利く軽自動車をご用意しております。

繁忙期に突入してから「どこに問い合わせてもレンタカーがない…」なんてコトにならない様、事前のご予約をお忘れなく。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019 tocotoco-rentacar

コメントは受け付けていません。